忍者ブログ

日々徒然に愛を叫ぶ。

一応日常的なこと・・・ですが、ほとんど声優さんとかキャラとかへの愛を叫んでます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣きすぎ

スタスカ秋、一気に3人TrueEDを見終えた!!

うぎゃあああもうなにこれなにこれ、ボロ泣きだよ涙腺崩壊だこれ・・・!!!

感想はネタバレで色々ひどいと思うので追記!

いやもう・・・秋が人気あるの分かった気がした・・・。

春と夏もよかったけど、秋はまた違うな!
これはすごい・・・!


ただ正直思ったのは、いつか全員揃っての何か出たらいいのにな・・・とか。
すっごい豪華だけど!揃うとかかなり厳しいとは思うけど!!
だって秋で錫也とか哉太出てくるのに声とか当然ないからなんとももったいないというか・・・クラスメイト達と普通に会話する錫也・哉太とか、弓道部メンバーにあれこれ言われる直獅とか、色々見たくなったんだよぉぉぉ・・・!!
いつかやってくれないかなハニビ様(´・ω・`)
そんなの出たら真っ先に飛びつく私・・・。


なんでもいいが岸尾のフリートークが色々ひどい^^^
どんだけ1人でボケツッコミをしてるのかこの人www
でもそんなところもまた岸尾だよね、うん。好き。




ということで感想は追記にて!!





いやもうほんとに泣いた。
春と夏でこんな泣くことなかったでしょってぐらい泣いた。


郁は一時期バンドにスカウトされてちやほやされたものの、歌えなくなった途端皆離れていっちゃうっていう辛い経験があって、しかも唯一信じられるといってもいい存在だった有李ちゃんは亡くなっちゃって。
そりゃやさぐれたくもなるよなぁって。
だから『ゲーム』でお付き合いしてる時もたびたび意地悪な時があって辛かったですねー・・・もちろん優しいなって時もいっぱいあったんだけど!
たとえゲームのお付き合いとはいっても、月子へのそういった優しさはきっと演技とかじゃないと思うんだ、きっと相手が月子だから自然に出たものだったと思うんだ、でも意識するとやっぱりゲームだってなっちゃう郁がね・・・それだけ辛かったんだろうねって思うと切なかったです・・・。
それでも途中辛くて泣きそうだったけどね!
郁待ってんのにその郁に言われてほいほいやってきた男子生徒に襲われそうになっちゃうとか、あそこすっごいキツかったー・・・それでも郁を信じて待ち続ける月子に私が惚れそうだった。
でもそんな郁がやっとちゃんと心開いて月子と向かい合ってくれた時には涙出た。
月子も頑張ったし、郁も乗り越えられそうなんだなって。

あとあれだ!梨本くんの相談にのってる郁には私も感動した!
そしてそれを嬉しそうに梨本くんと話してる月子にヤキモチ妬く郁が可愛かった!
あの瞬間にはキュンときた・・・!!

EDはそりゃもうラブラブでね、うん、よかった!
結婚するとか!その前に一緒に暮らすとか!いいよね、そういうのの新しいスタートってすっごいドキドキワクワクで楽しみいっぱいだよねきっと・・・!!


琥太にぃはね、あれなの。
私の中であれは相当いい石田さんだった。
いや、あれは相当いい。(大事なことなので2回言った)

まず声のトーンがね、ちょっと低めなのがたまらない!しかも大人!でもどこか止まったままっていうアンバランスなところがまたいい・・・!!
琥太にぃもキーは有李ちゃんでしたねー。うっすらネタバレ読んではいたのでなんとなく知ってたけど、琥太にぃは有李ちゃんのことそういう風には思ってなかったんだね。
お互い恋愛感情だったと思ってたからちょっと意外でした。
でもだからこそああいう悩みというか、後悔を背負うことになっちゃったんだよね・・・辛かっただろうね・・・。

で、修学旅行でね、月子が体調不良で自由行動の日一日寝たきりなんですわ。
それで保健医の琥太にぃがついててくれるんだけど、そこまではよかったんだけど!
ちょ、月子が寝てる時まさかの琥太にぃ視点・・・!!!
うおお、今までそんなのなかった気がするんだけど!え、実はあったの!?ちょ、私知らないそんなの!!(だってTrueEDしか見ていないから)
そういう時ってウィンドウの色とかもちゃんと変わるんですねー・・・最初何事かって思ったら琥太にぃがバンバン喋りだしたからびっくりしたんだぜ。
しかも、そこでちゅーとか!こっそり無意識ちゅーとか!!うああああ、琥太にぃ萌える・・・!!
かと思えば今度は寝ちゃった琥太にぃに月子がこっそりちゅー!同じことしてwwwちょ、萌えるwwwww

その後は色々切なかった・・・急に距離置かれちゃうのとかさ、しかもお見合いするとかさ・・・!
この辺は郁がすっごいいい子過ぎてそれに泣きそうだったよ、あれこんなにいい子だったかな郁!!(失礼)
琥太にぃがお見合いに行っちゃった後、雨が降る中立ち尽くす月子にそっと傘を差し出すところとか、郁がいい子過ぎて泣けました・・・郁にもいい子が見つかるといいよね本当に!!(;´д⊂)
あとは泣きっぱなしでした・・・琥太にぃの涙とか!後ろから抱きしめる月子とか!!
あと有李ちゃんからの手紙!泣くよ泣くって、何あの涙腺崩壊ルート!!!

EDは郁に負けず甘かったです・・・ベッドとかね・・・いや朝ですよ?月子起きたばっかりだったけど、ああそうか、そりゃ同じベッドで寝てるよな、とか髪おろした琥太にぃもかっこいいな、とか・・・。


そして直獅!
まず歌がいい。
秋のOP曲、あれほんっといいよ、私の中ではかなりの神曲!!
で、直獅自体もどこかこう、Vitaminのマサちゃんを思い出すところがあって可愛いなぁって思ってたんですが。
実際は恋愛をする価値が見出せないというちょっと悲しい思いを抱えてる人でして。
あの顔でそういう思いを抱えてるってのが私の中でなんともギャップがあって、あれだ、ギャップ萌え?w
でもその原因である親友とかその想い人の問題が解決したとともに一気に『恋愛いいかも』ってなって、そこからかなり急速に月子を意識しだすのがまた可愛い。
あれだよな、今までだってもちろん気になってたんだよ!でも『恋愛』というものを直獅の中で排除してたから生徒への愛情、ぐらいに思ってたんだろうけど、一度『恋愛』を意識しちゃうともうそういう風にしか見れないのかな、とか!!
その後、えらくすんなりお付き合いスタート。
ここからの2人の暴走っぷりはすごかった・・・いくら2人っきりとはいえ校内ですよ?
くっつきすぎ!2人でいすぎ!いくらなんでもそれバレる・・・!!
とんでもないバカップル^^^見てて幸せだけどバレそうで怖かったんだほんとに!!
そのまま修学旅行。酒飲み先生達とのシーンで、酔いつぶれた琥太にぃにタオルケットかけてあげようとしたら郁にあれこれ絡まれてる月子にヤキモチ妬いてる直獅が可愛すぎた!!
服引っ張るって!!お前いくつwww相手だいぶ年下だけどwwwww
月子に「あとで構ってあげます」って言われる直獅にキュンときた!むしろ月子可愛すぎる!!
でね・・・その後自由行動ではお花畑デート・・・普通にラブラブ過ぎて幸せすぎる分本気でこの後が怖くてたまらなかった!!

で、案の定ウワサになって、月子には何も言わずに別れを決意する直獅(;´д⊂)
あの「別れよう」は辛くて仕方なかった・・・「飽きた」とか「嫌いになった」とか、多分ウソでもその言葉を言うだけで辛かったに違いないよ直獅(;´д⊂)
でも「そんなの嘘」って月子に言われて辛い反面ちょっと嬉しい部分もあったりしたのかな・・・なんて。
ちゃんと自分を見てくれてるんだな、とかさ、そんな時でもそんなことちょこっとは思ったりしてたのかな、なんて!

ここからはまたも郁がいい活躍をしてくれた・・・他人ルートでいい子過ぎじゃないかと思うんだ、郁・・・(´・ω・`)
本人ルートは途中そりゃもうひどかっt(ry

で、卒業までいったん別れようっていう話になって、その為のキスをするっていう・・・あああもうこれまた泣けるってばバカバカ直獅・・・!!

ラストは夜久家へ結婚のご挨拶?をしにいくところでした。
同棲のご挨拶も既にしてるんだったらきっとお父様もさすがに普通にオッケー出すと思うけどな、でもガチガチに緊張してる直獅かわいい^^^^


そんな感じで一気にやったのでもう何が何やら・・・すごかったです、本当に。
で、誰が一番かって言われたら・・・琥太にぃがわずかに上かも。直獅も相当きてる。
郁も好きなんだけど、多分一番付き合うのとか無理だなぁってタイプなので。でもお話としては相当よかった!

さぁ冬はどうなることか・・・。
その前に宮地のCDだけどね!今月末!楽しみすぎる・・・!!!

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

参加中



blogram投票ボタン

カウンター

最新CM

[09/27 愛美]
[09/26 都菜]
[06/01 愛美]
[05/28 都菜]
[01/30 愛美]

最新TB

アクセス解析

ブログ内検索

広告

バーコード

Copyright ©  -- 日々徒然に愛を叫ぶ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]