忍者ブログ

日々徒然に愛を叫ぶ。

一応日常的なこと・・・ですが、ほとんど声優さんとかキャラとかへの愛を叫んでます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

惚れる要素は十分だった

土日も結局ひたすらフルキス。

ふと思い立って一哉→依織乗換えルートをやったら居た堪れなさ過ぎて泣きそうでした。
ごめんね、本当にごめんね一哉・・・!!(;´д⊂)

それをサクッと終えた後、依織のベストED・・・と思ったんですが、密かに気になっていた皇くんルートへ。
土曜の夜(結局日付変わって2:30ぐらいまでかかった)に2を終わらせ、今日は恋愛迷宮の皇くんルートをクリア。
他の相手がいなかったので、エクストラインターバルもゲット出来ました。

こちらの感想は追記より・・・。
なんだろう、皇くんやってたら、私好きにならない訳なかったな、と実感しました。
だってこういうピュア系好きだもん、私・・・!
考えてみればテニスでも裕太とか南くんとか、スラダンでも実はピュアっぽいミッチーとか、ビタミンでも真田先生とか(いや一番は翼なんだけど)、とりあえずピュアというか、ちょっと奥手っぽい子が好きかもしれない。
そうか、やっぱりそうだったのか・・・こんなところで再認識させられるとは・・・。


あと、今月久し振りなお友達とお会い出来る事になりました♪
嬉しいなぁ~、いつ以来だろ・・・?
お誘いありがとうございました!楽しみにしてますね~vv>私信


では、感想は追記から。
まずね、CDドラマ聴いてる時点でうすうす気づいてはいたんだが、皇くんってめちゃくちゃピュアというか、特に女の子とほとんど話したことないからそういう事に関しては尚更というか、なんかそんな感じでね。

クリスマスにデートした時も

「こういう事したことないからどうしていいか分からない」

みたいな事言っててその可愛さになんかときめいて。

あとはあれなんですよ。
依織が要領がよくて歌舞伎もすぐに結果を出せる子だったらしいんですよね。
そんな兄を持って、自分を見てもらえないとか絶対勝てない、という嫉妬や憎しみの感情が芽生えて、という辺りでね、なんか聞いた事あるなその設定・・・と思ってたんですよ。
更には、依織は普通に皇くんに接し、体調崩したら「早く休め」といった優しい言葉をかけてあげるんだけど、皇くんはそれを素直に受け取れない、というこの設定。

あれ、誰かに似てる・・・と思ったら、裕太に似てるんだという事が分かりました(笑)
そうか、だから転んだのか私・・・?
じゃあ依織は周助か。
微妙に違うけど、でもなんとなくの状況は似てる気がします。
そう思ったらなんか一層皇くんが可愛く思えてきました。

ってか、皇くんルートは最初依織とお付き合いするんだね・・・!
そこから皇くんへと移るその過程は結構キツかった。
私の中でのラ・プリの順位が 
1.瀬伊
2.麻生
3.一哉
4.依織

 だったので依織ならまだ平気かと思ったんですが、全然ダメだった。
ごめんね、本当に申し訳なさすぎるよ依織・・・。
依織を振って皇くんに行くのに若干ためらいました。 だ
って彼は彼で可哀相なんだもん・・・! 
そして乗り換え完了(すごい言い方)すると、元カレからは家政婦パートでも仕事頼まれなくなる上に、出会ってもめちゃめちゃ気まずくなるんですねー・・・そりゃそうか。 

最後も一緒に添い寝かな?しただけで終わった感じかな。
そんなピュアなところもたまらん・・・!

そして恋愛迷宮ですが、利安ちゃんの持ってきたBL漫画に翻弄されるむぎちゃんが可愛くて面白い。
見事なまでにぴったりな設定でしたね~、この辺はB's-LOGでも見てたから知ってたけど。
最後まで真剣にそれを信じてたのも可愛いというか、いやそれ色々どうなんだと思ったりもしたけど面白かったからまぁいいか。笑わせて頂きました。
あとはね、依織がね・・・まだむぎちゃんのことを想ってる姿に本当泣きそうになりましたよ。
いやもう、本当マジでゴメン依織・・・誰か助けてあげて!
唯菜でも夏実でもいいから・・・!!
最後の辺り、皇くんのピュアっぷりにときめいて仕方なかった。
でもあれだね、キスとかしなかったのは依織への罪悪感からってのもあったんだね。

「俺、彼女がいたことなくてさ、正直、どういうふうにことを進めるのかさっぱりわからない」
「その・・・そういう雰囲気に持って行くやり方っていうか。・・・・・くそ。恥ずかしいな」

と言われて、うわああああ、なんて可愛いんだこの子・・・!!とじたばたしちゃいました。
で、やっと依織の為にも自分の為にも苦しむのをやめようと決めた皇くん。

そこに来たセリフが

「なぁ。今日・・・泊まるか?」

ちょっ・・・!!(呼吸停止状態)

「ん・・・・・・まぁ、そういう意味。でも、本当、全然自信ないけど。」

いや、なくていいなくていい!
君はそのままピュアでいいんだよ、いちいち恥ずかしがってくれたらいいよ!
あかん、もう可愛くて悶えすぎてたまらん・・・!!!
なんて私に追い討ちをかけるかのように、キスしちゃってさ、

「キス・・・嫌だったか?」

って、嫌な訳ないじゃん・・・!!

「柔らかいな、お前。想像してより、すごく。」
「想像・・・してたの?」
「うん。した。」

この会話にまたときめいた。
想像、してたのか、そうなのか・・・。
そして最後も甘く終わりました。ここでむぎちゃんが押し倒すってのがまたこの2人っぽい。
そしてCDドラマの頃から思ってましたが、あの衣擦れの音とかギシッって音がリアルでなんとも言えないんですけども・・・えーと15歳でも大丈夫なんですかねこれ。

しかしまさか、皇くんにここまですっ転ばされるとは思ってもいませんでした。
まさに予想外。
ぶっちゃけラ・プリより他キャラのが萌えてないか私・・・?
瀬伊と麻生は別だけどさ、でもなんとなくそんな気がしてきた。

・・・まだ依織やってないんですけど、なんか変に区切りがついちゃったのでちょこっとフルキスお休みしてお借りしてるはぴCUREやってみようかなと思います。
もちろん律は1番最後で!(笑)
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

参加中



blogram投票ボタン

カウンター

最新CM

[09/27 愛美]
[09/26 都菜]
[06/01 愛美]
[05/28 都菜]
[01/30 愛美]

最新TB

アクセス解析

ブログ内検索

広告

バーコード

Copyright ©  -- 日々徒然に愛を叫ぶ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]